1.  > 
  2.  > 
  3.  > 
  4.  > 
  5. 喜多見駅×家事代行のバイト一覧
喜多見駅×家事代行 のバイト・アルバイト・求人情報
喜多見駅×家事代行バイト・アルバイト・求人情報をまとめてご紹介。喜多見駅周辺で仕事をお探しの方、家事代行のバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。東京都内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアで家事代行のバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイト・アルバイト・求人の詳細条件検索

エリア/駅
職種

職種を選ぶ

こだわり

さらに条件を表示する

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

  • 情報提供元:バイトーク

  • 採用祝い金

    5,000円

バイト・アルバイト・求人なら家事代行ファースト【東京都世田谷区喜多見エリア】お料理代行スタッフ募集 ★主婦の経験がキャリアに!がおすすめです。

このアルバイトの時間帯

  • 朝にアルバイトすることができます。
  • 昼にアルバイトすることができます。
  • 夕方にアルバイトすることができます。
  • 夜にアルバイトすることができます。
職種・給与

サービス・施設系
(1)家事代行・ベビーシッター(家事代行・ハウスキーパー) 時給 1,300円

勤務地
最寄駅

東京都世田谷区
喜多見

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • 平日のみOK
  • /
  • 土日のみOK
  • /
  • シフト制
  • /
  • 週1日からOK
  • /
  • 1日4時間以内OK
  • /
  • 高校生不可
  • /
  • 学生不可
  • /
  • 高卒以上
  • /
  • 学歴不問
  • /
  • 未経験OK
  • /
求人情報

人が生きていくためには、人と人が支えあう事が必要です。 家事代行のお仕事は、そんな生活するうえで、困っている方々のご依頼を受け止め、 献身的にサポートをする、素晴らしいお仕事です。 人に感謝されるこ...

喜多見駅×家事代行でバイト・アルバイト・求人情報を探している方へ

喜多見駅(東京都)周辺で、家事代行のアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。『バイトーク』では豊富なサービス・施設系の職種の求人を掲載しておりますので、家事代行のバイトで働きたいというニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、喜多見駅の近隣だけでなく、東京都内の様々な市区・駅から家事代行のバイト情報を検索できます。
家事代行のバイトの仕事はハウスクリーニングやベビーシッターなどを行ったり、担当したりします。家事代行の仕事の魅力は、家事のスキルアップが挙げられます。このアルバイトは主に、主婦といった属性の方々にオススメです。他にも、家事が得意な方にぴったりな求人が多く存在する職種と言えます。
他方、統計によると喜多見駅は一日あたりの乗降客数は31,769人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

家事代行のアルバイトのメリット
家事代行サービスの仕事は、実生活で必要なスキルをそのまま仕事に活かすことができるため、始めやすいバイトです。とくに主婦の方は、主婦業で家事をこなしてきた経験を活かすことができますよ。しっかりと経験を積み、スキルアップしていくことによって、限られた時間内で期待以上の仕事をこなせるようになります。大変な面もありますが、クライアントに喜んでもらえた時は、大変嬉しく、やりがいを感じられます。

関連したアルバイト体験談

DTPデザイナーは広告などをデザインするお仕事です
DTPデザイナーのアルバイトをしています。この仕事が向いている人は、何にでも興味があって、自分の感性を活かして、新しいものを作りたい人だと思います。

DTPというのは、パソコンを使ってポスターや広告などの印刷物をデザインする仕事です。僕が今任されているのは、某イベントのポスター作成です。アマチュアのアーティストが集まるイベントのポスターで、コンセプトは“熱い魂”です。コンセプトに沿って文字や画像をデザインしていくのは、とても楽しいです。

ただ、長時間パソコンに向かうため、腰痛や肩こりに悩まされることは多々あります。それから、目も疲れますね。仕事中に“蒸気でアイマスク”を使ってケアしています。このように自分で工夫してリフレッシュすることが大事ですね。

ページトップへ