羽田空港駅×ビジネスマナーが身につく のアルバイト情報

羽田空港×ビジネスマナーが身につくアルバイト情報をまとめてご紹介。羽田空港駅周辺で仕事をお探しの方、ビジネスマナーが身につくのバイト求人に関心がある方にオススメの求人情報を多数掲載しています。『バイトーク』では豊富な職種の中から、自分にぴったりなアルバイトを見つけることができます。東京都内の他の駅から探すことも可能ですので、生活スタイルに合ったエリアでビジネスマナーが身につくのバイトを見つけてみましょう。

検索結果
1

バイトの詳細条件検索

エリア/駅
職種
こだわり

条件を閉じる

給与
金額
勤務日数
勤務時間帯
その他
フリーワード

1件中  1 ~1件の求人を表示

人気順 | 新着順給与順採用祝い金順

【ドコモショップの店員♪】1日8時間、週5日からの勤務でとことん稼ぐ!!土日出勤大歓迎☆

ドコモショップ 羽田空港店(株式会社エイチエージャパン)

  • 採用祝い金

    7,000円

ドコモショップ 羽田空港店(株式会社エイチエージャパン)のバイト

このアルバイトの時間帯

  • 朝
  • 昼
  • 夕方
  • 夜
職種・給与

携帯・家電・量販店
(1)携帯販売スタッフ   時給 1,300円

勤務地
最寄駅

東京都大田区羽田空港3-3-2
(羽田空港第1ビル, 羽田空港第2ビル)

業務形態

アルバイト

こだわり条件
  • ビジネスマナーが身につく
  • /
  • シフト制
  • /
  • 未経験OK
  • /
  • 学歴不問
  • /
求人情報

携帯電話は今や必要不可欠な存在です。自分の個人情報や大切なデータが入っているので、取り扱いには十分注意が必要ですね。そんな携帯電話を扱うキャリアショップで、お客さまの対応をしてくれるスタッフを募集...

求人をキープしました
ページ上部の「キープしたバイト」から
ご確認いただけます。
※21件以上キープした場合古い求人から削除されます

羽田空港×ビジネスマナーが身につくでアルバイト・パート求人情報を探している方へ

羽田空港(東京都)周辺で、ビジネスマナーが身につくのアルバイトをお探しの方にオススメの求人情報です。最寄り駅が羽田空港の方はアルバイト探しにご活用下さい。『バイトーク』は多くの求人情報を掲載しているので、ビジネスマナーが身につくのバイトで働きたいという、あなたのニーズにお答えできます。バイト求人件数は毎日増えていくので、お目当てのこだわり条件に合致したアルバイト求人があるか小まめにチェックしてみましょう。加えて、『バイトーク』は全国のアルバイト募集情報を載せているので、羽田空港駅の近隣だけでなく、東京都内の様々な市区・駅からビジネスマナーが身につくのバイト情報を検索できます。
羽田空港駅の周辺には羽田空港国内線旅客ターミナル展望デッキなどの建物や史跡がありますので、アルバイトの帰りや休日に寄ってみるのもよいでしょう。
他方、統計によると羽田空港駅は一日あたりの乗降客数は98,357人という規模の駅となっています。駅の乗降客数が多いほど、アルバイト求人が充実していたり、経済が活発である傾向があります。

ビジネスマナーが身につくで求められる人材
ビジネスマナーが身につくバイトでは、やはり礼儀正しく、日常のマナーをわきまえている人材を優先します。てきぱきとスピーディーに動ける方はどの職場でも尊敬されますが、ビジネスマナーに重きを置く職場では、いかなる時も落ち着いて、相手一人ひとりに丁寧に対応できる能力が求められます。応募の電話をかける時や面接の時から、相手に好印象を持ってもらえるよう、常にマナーを意識しておきましょう。

関連したアルバイト体験談

バイトだけどクリーニングのアイロン職人になっちゃいました
クリーニング工場でのバイトは、職人さんのお手伝いだとばかり思ってましたが、二日目には仕上げを担当することになりました。

最初はズボンを担当しました。足を広げたような機械にズボンを下からはかせ、ボタンを押すとあっという間にシワが伸びるんです。これを1時間に40枚仕上げていきます。わたしの後ろにはズボンの山が出来ていて、ぜんぜん減りません。自分の担当を終えた先輩たちはわたしのズボンを次々に手仕上げで手伝ってくれます。わたしのさばけない様子をみて、特別仕上げじゃない通常料金のものも丁寧に仕上げてくれました。とにかく職人は早くて綺麗!ズボンが蝶のように舞ってました。

次にスカート、ジャケット、シャツの順番で技を習得していきます。業務用のアイロンは蒸気とバキュームで仕上げるので全く熱くないので安全です。アイロンの進行方向を左手で引っ張り、右手の指で蒸気を調整しながらまっすぐ滑らせます。ピシャッと仕上がったシャツは見惚れてしまいます。先日、このわたしが年に一度開催される社内の競技会に出場できたんです。この経験は工場の一員として認められたような気持ちになりました。工場の夏は暑くてサウナ状態ですが、冬は暖かくて工場に住みたいくらいです。

ページトップへ